子どもの体験活動事業         舞台鑑賞          
                                    作/R.S.ガネット


2002年7月5日(金)
八千代市市民会館大ホールに、
エルマーたちが、やってきました!!



友情と冒険のものがたり


 この作品は、川尻泰司さんが1965年にプークの
「こどものための人形劇」として創ったお芝居です。
発表するやたいへんな評判をとり、
プークのこども劇場の代表作品になりました。
この作品のどこに子どもを夢中にさせる魅力があるのでしょうか。
空想の冒険をとおして
子どもたちが面白い楽しいと感じることがどんなにステキで、
ドキドキしたり笑ったり怒ったりすること感情の発露がどんなに大切なことか、
この作品はこうした子どもの溌剌とした世界を見事に映し出しています。
 この人形劇は、そうしたこどもの空想の世界を人形劇の舞台に再現し、
観客のこどもたちと主人公エルマーが一緒に動物島にぼうけんに出かけ、
困ったり喜んだりビックリしたり、
最後は助けたりゅうに乗ったエルマーとミミを
みんなで手をたたいて歌をうたって送ってあげる・・・・。というお芝居です。


当日は、赤ちゃんから大人まで、会場に溢れんばかりのたくさんの参加者が、
ワクワクドキドキしながら、楽しい時間を一緒に過ごすことが出来ました。

←ステキな看板が出来ました!!                  ☆

4歳未満のお友だちは、ココで遊んで待っててね。(保育の様子)


      まだかな?まだかな?
      待ち遠しいね。   →


七夕が近いので、笹の飾りつけ。
ねがいごとはなあに?

今日のプレゼントは、
かわいいぬいぐるみ。
よろこんで
もらえたかな?
手作りの、
役者さんへの
食事です。
おいしそう!!


お問い合わせ
特定非営利活動法人                       
  子どもネット八千代

                                                     
TEL・FAX 486−4699






Copyright (c)2001-2008 子どもネット八千代 All rights reserved,,,since April 1, 2001,